| main | 女を落とす >>

スポンサーサイト

2007.11.17 Saturday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


女を落とす

2007.11.02 Friday | by team-g
女を落とす ために必要なもの


男の中の男に知らなくてはならない15の条件



1:女を落とすには常に自分の現実を生きる

いちいち女の顔色ばかり伺っていたら、落とせる女も落ちない。
女を落とす ことはできない。
男は自分の都合で動き、あえて女に合わそうとはしない。
他人の意見で自分の人生を変えるなんてまっぴらだ!




2:女を落とすには常に自分のステータスを保持する

女は自分よりステータスが低い男は相手にしない。
あなたは常に自己ステータスを保ち、女に媚びる、
むやみやたらに女を褒めたりはしない。
女を落とすためには必須のマインドだ。



3:女を落とすには常に女を支配する

実は女は男に支配されたがっている。
こう思っていて間違いない。
くれぐれも間違えないで欲しいのは、「女を押さえつける」
訳ではない。女の首に長いひもを付け
いつでも引ける状態にしておくということだ。



4:女を落とすには常にナーバスなジェスチャーNG

落ち着かない動き、貧乏ゆすり、回数の多いまばたき、
頭をかく、爪をかむなど女の前で決してしてはならない。
そんなことをしていては、女は落とすことはできない。




5:女を落とすには常に自分の動きの動作を遅くする

余裕の無い男は、焦ったり、さまざまな動作が早くなってしまう。
手の動き、瞬き、反応を遅くすることで圧倒的な余裕を女に感じさせる。
早口でしゃべることもしてはならない。ゆっくり低い声でトークする。
女を落とすには、動作に余裕を持たせ遅くしろ。




6:女を落とすには常に女から目を反らさない

女から目を反らす行為は、自信の無さの表れだ。
詐欺師、ホストは相手とのコミュニケーションを取る中で
目を反らすことは無い。




7:女を落とすには常に女に認められようとはしない。

「認めてもらいたい」そう思った時点で、あなたは女より
ステータスが低いということだ。
みずから、自分の説明はしようとしない、自分のいいところをわざわざ
見せようとはしない。



8:女を落とすには常に清潔感、匂い、ファッションは気を使う

あなたがどんなルックスかは関係ない。
だが、女が体を許すには条件がある。
いくらルックスが良かろうと、不潔、爪が長い
口臭これでは、女と裸で触れ合うことはないだろう。




9:女を落とすには常に女があなたのことを見下す態度は許してはならない

たとえば女に意味も無く「電話して」こんなことを言われても
あなたから電話をしてはならない。
「電話して」こう言われたら、「なんで?」こう言えばいい。




10:女を落とすには常にアドベンチャーを求める

若いころに、不良がモテるのもアドベンチャーがあるからだ!
あなたもたまには、子供に戻ってみるのもいい手だ。




11:女を落とすには常に女の予想がつく行動をとるな

あなたは、先の読める映画が見たいと思いますか?
当然見たくはないはずです。先が読めなくては先が見たくなるものです。
女を落とすには、行動のパターンを読まれないことです。



12:女を落とすには常に女に欲しがられてもすぐに与えてはならない

欲しがられてプレゼントをあげる、キスしたい、セックスがしたい。
そんな時はじらすんだ。言われたらおあづけし、我慢させる。
プレゼントは欲しいと言われたらその時はあげずに、女が忘れたころに
買ってあげれば、女はなお喜ぶはずだ。




13:女を落とすには常に思考の混乱を誘う

理解不能とも思われる言動、行動をとる。
たとえば、かわいい子とブスがいればかわいくない側を相手にする
かわいい子は「なぜ?」こう思うはずだ。
それでいい。女の「なぜ?」を意図的に誘い混乱を誘発させる。



14:女を落とすには常にその女一人だけ見るな

女は無数にいる。
女を好きになるのは構わないが、一人だけを追いかけ過ぎるな。
女に嫉妬したり、フラられることの恐怖がでてしまうため、
常に女の顔色を伺わなくてはならない。それは自分の現実ではなく
女の現実のなかでいきていると同じだ。
さらに撃沈したときのショックが大きくなる。
女は無数にいる。



15:女を落とすには常に女を欲しがりすぎるな

女だけにかかわらず、「欲しがれば欲しがるほど、女は逃げていく」
逆に大げさにいえば「欲しがらなければ、欲しがらないほど女は寄ってくる」
これはあたりまえのようで、みんな理解しきれていない。
女が欲しがる設定構築はなにも難しいことではない。

童貞

スポンサーサイト

2007.11.17 Saturday | by スポンサードリンク

Comment
Add Comment









Trackback URL
Trackback